【Google Street Viewより】EMCOが実施されたビル「Merana City One」


マレーシア政府は、新型コロナウイルスの感染者が多いエリアに「強化した活動制限令( the Enhanced Movement Control Order -EMCO)」を実施している。
以下は、EMCOに関して在マレーシア日本国大使館が公式ウェブサイトに掲載した情報。

※ 以下で言及されているEMCOの対象となった「Merana City One」は、マレー系やインド系が多く集う古くからある繁華街にあるビルで、クアラルンプール市の中心部からもほど近いエリアにある。



・本日,イスマイル・サブリ国防大臣より,クアラルンプール市内(ダンワンギ警察署南側に隣接)「Menara City One」を対象とした「強化した活動制限令(EMCO)」が発表されました。

(国防省のFacebookページ(マレー語))
https://www.facebook.com/177194982291358/posts/3112165752127585/?d=n


(発表内容)
●建物内(注:Menara City One)から17ケースの陽性反応。

●今回のEMCOは,「建物内の小売店及び502ユニットに住む約3200名の居住者」を対象に,3月31日午前零時から4月13日までの期間,実施される。

1 EMCOが施行されている期間,一切外出は許されない。(注:「建物内」のみなのか「部屋(ユニット)」のみなのか,文章中に言及なし。)

2 EMCOが施行されている期間,非居住者または訪問者は当建物へ立入不可。

3 建物内の(生活必需品を販売する)小売店以外は,全ての営業活動を停止。

4 居住者は,建物内のメインドアにある安全ロビー(lobi keselamatan; security lobby)を送付先に指定し,食べ物のオーダーをすることが可能。

5 医療拠点(medical base)が,EMCOが適用される範囲で準備される予定。

6 当建物への出入域に関する道路を全て封鎖。

7 このEMCOを順守させるために,国家警察,国軍,民間防衛隊,RELAが地域全域をパトロール。

8 本件に関するホットラインは 03-26943243 / 03-40267222 / 013-3295141。

出典:在マレーシア日本国大使館公式ウェブサイト