マレーシアのファインダイニングDewakan デワカン

マレーシアのレストランで初めて「アジアのベストレストラン50」にランクイン!

2019年、マレーシアのレストランで初めて「アジアのベストレストラン50」に選ばれる快挙を成し遂げたのが「Dewakan(デワカン)」。

「アジアのベストレストラン50」は、ミネラルウォーターブランド「サンペレグリノ」と「アクアパンナ」がスポンサーを務めるアワードで、アジアの美食家達が毎年そのランキングに注目しています。

2019年は、シンガポールの「Odette」が初めて1位になったほか、日本からは国別最多となる12軒がランキングして話題となりました。

マレーシアのレストランとしては初めて46位にランクインしたDewakanの店名は、マレー語で神を意味する「Dewa」と、食べるを意味する「Makan」を組み合わせた造語だそう。

魚、肉、野菜、山菜などマレーシア産の食材にこだわり、また、マレー料理の手法を使いつつ、世界レベルの洗練されたメニューを提供しています。

マレーシアのファインダイニングDewakan デワカンのシェフたち

Dewakanでシェフを務めるのは、マレーシアの若手で最も注目されているダレン・テオ(Darren Teoh)。

メニューは2つのコースから選べ、17皿のコース「KAYANGAN」が370リンギット、9皿のコース「NUSANTARA」が300リンギット(税金、サービス料は込み)。

場所は、クアラルンプール郊外のKDU大学構内の地下1階という、ちょっと行きにくい場所にありますが、頑張っていく価値ありのお店です。

マレーシアのファインダイニングDewakan デワカンのメニューの一例

店舗名 Dewakan デワカン
住所 Lower Ground Floor, KDU University College, Utropolis Glenmarie, Jalan Kontraktor U1/14, Seksyen U1, 40150 Shah Alam, Selangor
予約&問い合わせ 03-5565 0767 / hi@dewakan.my
営業時間 18:30-22:00 日曜定休

公開日:2019年4月5日

Go Malaysia 一つ前へ戻る マレーシアグルメ紹介へ戻る