マレーシアにいる今だからこそ資産運用を始めよう


現在はマレーシアに在住していますが、将来、様々な国で仕事をする可能性のある田中さんが、同連載を通じて、ファイナンシャルプランナーの柏村さんから、国境に影響を受けない資産運用について学んでいきます。


田中:かっしーさん、ちょっとお聞きしたいんですけど、こういうご時世なんで、自分自身でも少しはお金のことや資産運用のことを勉強していきたいなと最近思っているんですが、資産運用において一番重要なことってなんなんでしょうか?

柏村:一番って言われたら、やはり、「時間」じゃないでしょうか?

田中:なんで時間なんでしょうか?

柏村:一つは、よく聞く話かもしれませんが、複利効果です。

運用は「足し算」ではなく「掛け算」です。仮定シナリオ(30年間)として100万円という元本に対して、年間の運用利率が5%という運用の場合、表のような数字の動きをみせ、最後には430万円程になります。

数字だけみてもふーんって感じかもしれませんが、もし、複利効果を最大限利用しなかった場合、つまり、今やれたことを先延ばしにした場合、例えば25年後に開始すると、そこから5年後に同じ430万円に達するためには300万円以上の元本が必要となります。

田中:なるほど、確かに時間は大事な要素だということが理解できます。ある時間を有効に使うことによって、効率的な運用ができるってことですもんね。

これって一括の運用の話だと思うんですけど、積み立ての場合でも同じですもんね?

柏村:そうです。もちろん数字の動き方は異なりますが、一般的には同じことが言えます。

複利効果と言っても、多岐に渡る考慮すべき要素の中の一つに過ぎないのですが、そういった意味で言えることは、常に開始する一番良いタイミングは今であり、反対に、何もしていない人は、一年また一年と資産運用という意味合いにおいて、既にもっている機会を失っていると言えるのかもしれません。

田中:今回の観点から言うと、もし積み立てなり何なりの資産運用をいつかはする、しなきゃいけない、ということが決まっていれば、やはり先延ばしをしてよいことはないんですね。まさに普段の仕事と一緒ですね!!

柏村:確かに仕事に関してもギリギリで対応するのではなく、時間をしっかり取って取り組んだほうがいいですよね!

 

時間の「元本保証能力」

田中:時間を有効に使った運用をすることで複数メリットが発生するということですが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

柏村:他には、非常に大切な要素として、統計的な元本保証能力が挙げられます。

あくまで一例なのですが、仮にアメリカのS&P 500(日本の日経平均株価のようなもの)インデックスを用いて資産運用をするとします。

イメージとしてはアメリカの優良株式500種を1セットでまとめ買いするような感じです。この500種の株式を購入した場合、運用期間(買ってから売却までの期間)に応じて元本割れ確率が大きく変わってきます(表参照)。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

田中:確かに運用期間の差で結果が全然違いますね。でもこれってアメリカ株式だけじゃないんですか?

柏村:多少の違いはもちろんありますが、多くの資産・運用の種類にも同じことが言えます。例えば、世界株式、金などの現物、世界不動産、将来ポテンシャルがあると考えられる分野(医療・水・食料など)などが挙げられます。S&P 500もその一つです。

田中:なるほど。過去には様々な経済危機があったはずで、それは株式にも影響しているはずですが、そのような悪い条件を含めてでも統計上元本割れの確率が0というのは確かにすごいですね。
資産運用に関しては、さっとやり始めてさっとやめるっていう方法はよくないってことでしょうか?

柏村:短期目線で成功することも可能ですが、近い将来だとしても予期することは不可能で、高く買って安く売ってしまうという非合理的なことを繰り返してしまう個人投資家が多いようです。

それなら、最初から一定の時間を使うという前提で開始する方がより成功に近づくと思います。実際、ウォーレン・バフェットのような投資の神といわれるような人も時間をかけるという考え方を資産運用の中心に置いています。


◆著者プロフィール
柏村信光
通称かっしー。資産運用コンサルタント会社「Infinity Financial Solutions」所属のファイナンシャルアドバイザー(マレーシア・ラブアン金融庁公認)。イギリスCII認定。
マレーシア初のラブアン金融庁公認日本人ファイナンシャルアドバイザーとして、主に個人を対象に、中・長期的な資産運用のコンサルタントを行い、老後生活へ向けての準備などをアドバイス。またマレーシアへ移住された方への資金管理方法の相談なども請け負う。

お問い合わせはこちら

◆当連載について
マレーシアにいる今だからこそ、資産運用について考えてみませんか? 日本でないと資産運用は難しいと思っている方は多いですが、マレーシアにいても資産は増やせます。

マレーシア資産運用ガイド一覧