マレーシアにいる今だからこそ資産運用を始めよう


現在はマレーシアに在住していますが、将来、様々な国で仕事をする可能性のある田中さんが、同連載を通じて、ファイナンシャルプランナーの柏村さんから、国境に影響を受けない資産運用について学んでいきます。


柏村:時間って本当にあっという間に過ぎますよね。仕事でもプライベートでも、一生懸命何かしてても、ぼへ~っとしていても、同様に時間は過ぎていきますが、これは資産形成にも同様なことがいえる気がします。

田中:どういうことでしょうか?

柏村:前回の話で触れましたが、資産形成において時間はあればあるほど、複利効果となって表れるし、元本保証能力にも関わってきます。
こどものためや、自身の年金目的など、何かしらの点において資産形成・ファイナンシャルプランニングが必要かもしれないと自覚している人は、基本的には先延ばしにすればするほど、時間があることで本来もっている利点を、利用せずに無駄に放棄してしまっているといえるのではないでしょうか。

田中:なるほど。確かにいずれにおいても、今ある時間をどう使うかによって結果は大きく異なってくるという意味で似ていますね。時間があるという前提で行う資産運用に、他に利点はありますか?

柏村:多くの金融商品・プランにいえることは、時間がある運用の方がコストパフォーマンスにおいて優れているということです。原則コストが0ということはあり得ません。なんらかの形で金融商品・プランの特徴に応じて異なった発生の仕方をします。

ここで、一つ例を挙げます。
例えば、現在、当地の駐在員の方々に提供しているオフショア積み立てプランXですが、仮に5万円程度を積み立てる場合、10年間(A)と20年間(B)の積み立てを比較すると、(A)の毎年の平均の管理コストが0・8%高くなります。言い方を変えれば(B)の運用結果が毎年0・8%の差で(A)を継続して上回るということになります。

田中:結構大きな差ですね。
しかもそれに加えて、そもそもの複利効果を考えると、想像してた以上に最後の差は大きくなりそうですね!

インドの10年は、日本の1000年

柏村:ここまで資産運用には時間を有効に使うことが非常に大切な要素だと色々な角度で話してきましたが、実は時間に関してもう少しお話があります。
下のチャートを見てください。これは、インドの株価インデックスの一つSENSEXです。日本でいう日経平均株価のようなものですね。

92GTS-graph-India-Stock-Index

田中:インドすごいですねやっぱり。ここ10年だけ見ても、ものすごい伸びてるじゃないですか。もしちょっと前にインドに投資していたら、運用結果が何倍にもなっていたってことですよね?

柏村:結果的にはそうですね。後進国の経済成長によって、株価が何倍にもなるというケースは過去に多々ありました。現在でもインドや中東、アフリカなど多くの地域で人口ボーナスの恩恵を受けたり、先進国からの長期的かつ大規模な資本流入があったりと、投資対象としては興味深い国・地域が多いのは事実です。

田中:でもやっぱりそういう国に投資するのは、未知な要素もあるし少し勇気はいりますよね。

柏村:おっしゃる通り、未知な要素が多いので、グラフを見てもわかる通り多少激しい動きをしやすいと思います。ただそれがリスクが高いとは必ずしも言えないと思います。
一つ例を挙げますが、取り扱っているJP Morgan Indiaという1989年スタートのファンドがあります。
過去平均のリターンはここまで12%。もちろんその間にはよい年も悪い年もありましたが、成長率12%の場合、100万円の運用が10年後には約310万円になる計算です。
ちなみに、日本の定期預金を約0.1%とすると、100万円が310万円になるまでどれくらいかかると思います?

田中:え、何百年とかでしょうか?

柏村:約1135年かかることになります。
もしそんなに待てないということであれば、310万円を10年で達成するには原資を増やすことになり、約300万円必要になるわけです。

田中:1135年ですか(笑)。
原資を増やしてたとしてもなんか微妙な気もしますし、であれば原資は抑えつつも、10年という時間を有効につかったインドのシナリオの資産運用ってありな気がしてきます。

柏村:定期預金を否定はしませんし、ある程度流動性のある資金は常にもっておく必要があるので必要不可欠だと思います。
ただ、ある程度触らなくていいお金があるのであれば、与えられた時間を最大限有効につかった運用もありなのではないでしょうか?


◆著者プロフィール
柏村信光
通称かっしー。資産運用コンサルタント会社「Infinity Financial Solutions」所属のファイナンシャルアドバイザー(マレーシア・ラブアン金融庁公認)。イギリスCII認定。
マレーシア初のラブアン金融庁公認日本人ファイナンシャルアドバイザーとして、主に個人を対象に、中・長期的な資産運用のコンサルタントを行い、老後生活へ向けての準備などをアドバイス。またマレーシアへ移住された方への資金管理方法の相談なども請け負う。

お問い合わせはこちら

◆当連載について
マレーシアにいる今だからこそ、資産運用について考えてみませんか? 日本でないと資産運用は難しいと思っている方は多いですが、マレーシアにいても資産は増やせます。

マレーシア資産運用ガイド一覧