マレーシア旅行の準備! コンセントのアダプターは現地調達も可能

海外旅行の準備でチェックすべきなのが、コンセントの形状と電圧です。

結論から言うと、マレーシアで日本で購入した電気機器を使う場合、変圧器は基本的には不要ですが、コンセントのアダプターは必要です。

日本とマレーシアのコンセントの形状、電圧、周波数の違い

コンセントの形状 電圧 周波数
マレーシア BF(三又)タイプ 220V 50Hz
日本 A(二又)タイプ 100V 50-60Hz

 

マレーシアのコンセントの形状

日本とマレーシアでは、コンセントの形状が異なります。
マレーシアはイギリスなどと同じ三又のBFタイプ

マレーシアのコンセントはBFタイプ

アダプターはホテルなどで貸してくれる場合もありますので、短期の旅行ならまずはフロントで聞いてみましょう。

単純なアダプターであれば、マレーシアのデパートや家電専門店、雑貨屋などで200円程度で購入できます。

USBの差込口もあるアダプターや、タコ足配線ができるものなどさまざまなタイプがあります。
下の画像の左二つは「万能タイプ」で、日本やマレーシアだけでなく、ほぼすべてのコンセントに対応しています。
右端のアダプターは、タコ足配線ができるタイプ。二又対応で、日本のコンセントのほか、もっと太いBタイプにも対応しています。

マレーシアのコンセントのアダプター

他にも、延長コードのコンセント差込口が万能タイプになっているタイプもあります。

マレーシアのコンセント、万能タイプの延長コード

マレーシアの電圧

最近のパソコン、スマートフォンなどは、ほとんど100V~240Vの電圧に対応しており、日本でもマレーシアでも変圧器を利用する必要がないようになっています。

たいていの電気機器には対応する電圧が記載してあるので確認してみましょう。
「入力」または「Input」の欄に100V~240Vとあれば、変圧器を使わずともマレーシアでも使用できます。

マレーシアの電圧は220V。対応しているかチェックしよう

★気をつけましょう!
マレーシアの電圧、220Vは日本に比べると非常に高く、万一感電した場合は危険性も高いといえます。
マレーシアのコンセントは、差込口の横にスイッチがついていることが多いので、コンセントを抜き差しする際や、使わないときはオフにするのを忘れないようにしましょう。

 

マレーシアの電気の周波数

ほとんどの国では日本と同じ50-60HZの周波数のコンセントが使用されており、基本的には問題はありません。電圧と同じく、電気機器に記載されている周波数を確認しましょう。

 

調理家電やドライヤーは現地調達がオススメ

一般的に、ドライヤーやアイロン、調理家電のような熱を出すものや、掃除機やミキサーなど消費電力が高い家電製品は、変圧器を使っても利用できないことが多いようです。

こういった家電製品は、現地で調達するのがオススメです。

マレーシアの家電売り場

 

マレーシアでは、アダプターや充電ケーブルはどこで買える?

充電ケーブルを忘れた! という場合でも大丈夫。
マレーシアでも、スマホやパソコンの周辺機器は簡単に手に入ります。

充電ケーブルはアンドロイドの場合、主要なショッピングモールに入っているダイソーなら、5.90リンギット。また、Sumsung、Huawei、Oppoなどの看板を掲げているスマートフォンショップでも購入できます。

iPhoneの場合、正規品のアクセサリーを購入したい場合は、アップルの販売代理店「machines」が店舗数も多く見つけやすいでしょう。

マレーシアのスマホショップ

 

マレーシアの家電専門店事情

クアラルンプールのショッピングモールにはたいてい家電専門店があります。
マレーシアで家電を探すなら、「Harvey Norman(ハーヴィーノーマン)」、「SenQ(センキュー)」のほか、日系ならベスト電器も店舗を構えています。また、日系デパートのAEONやAEON BIGにも、規模は小さめですが家電売り場があります。

マレーシアの家電専門店、Harvy Norman とSenQ

パソコンやカメラ、携帯電話であれば、SONY、OLYMPUSなど日本のブランドのほか、前述のようにスマホをメインとしたSamsung、Huawei、Oppoなどの専門店もあちこちにあります。

いろんなブランドを比べたい場合は、ブキビンタンにある電気製品専門のショピングセンター、プラザ・ローヤットに行くのもいいでしょう。

 

オススメ記事
・KL市内巡回無料バスGO KLを使おう!
・マレーシアの両替所:レートがいいのはどこ?
・マレーシアの天気&服装
・便利なHOP-ON HOP-OFFバスを使おう!

 

公開日:2015年6月8日 更新日:2019年5月2日