マレーシアの国旗 Jalur Gemilang

8月に入ると、マレーシアの街のいたるところで目に付くようになるのが国旗。
8月31日の国家的な記念日、ナショナルデイを祝うために掲揚されています。

この日は、マレーシア語ではHari Merdekaと言われています。Hariは「日」、Merdekaは「独立」を意味するので、直訳すれば「独立記念日」なのですが、カレンダーには「National Day」と表記されている場合が多いようです。

そして、ナショナルデイの約2週間後、9月16日は「マレーシアデイ」で、こちらも祝日。

「ナショナルデイ」と「マレーシアデイ」は、どういう日なのでしょうか?

 

(写真)アメリカの国旗によく似ているマレーシアの国旗は「Jalur Gemilang (マレーシア語で、栄光のストライプの意味)」と呼ばれています。14の横縞が13の州と連邦直轄地を意味し、左上の月と星はイスラム教の象徴。

 

二つの国家的記念日の意味と歴史

ナショナルデイは、1957年8月31日に「マラヤ連邦」がイギリスから独立したことを祝う日。
マラヤ連邦とは、現マレーシアのマレー半島の部分のことです。
この日、マレーシアの初代首相となるトゥンク・アブドゥル・ラーマンが、メルデカ広場で「Merdeka」と叫んで独立を宣言した歴史的な写真はマレーシアでは非常に有名です。

 

一方、マレーシアデイは、1963年9月16日に、サバ州、サラワク州、シンガポールがイギリスから独立してマラヤ連邦に加わり「マレーシア」という国ができた日です。
ちなみに、9月16日が祝日として制定されたのは2010年。比較的新しい祝日なんですね。

そして、マレーシアが建国されてから2年後の1965年、マレーシアから分離独立する形でシンガポールが建国され、現在に至ります。

 

つまり、マレーシアは建国の過程で2回「独立」を経験しており、どちらかを「独立記念日」とするわけにもいかず、「ナショナルデイ」と「マレーシアデイ」と表記することになったようです。

マレーシア独立記念日 Merdaka Day のパレード

ナショナルデイにはパレードが開催される

ほぼ毎年、8月31日のナショナルにはパレードが開催されます。

1957年に独立が宣言されたクアラルンプールのメルデカ広場でパレードが開催されることが多いのですが、年によってはペナン、マラッカ、、ジョホールバルやクチン、コタキナバルなどさまざまな場所でパレードが行われてきました。

マハティール首相が二度目に首相となった2018年からは、行政都市のプトラジャヤで開催されています。
2019年のパレードも、プトラジャヤのマレーシア連邦裁判所(Palace of Justice)の前で行われることが決まったようです。

パレードには、例年、国王や首相も式典に出席します。
国旗掲揚、国歌斉唱に始まり、軍隊や警察、地方政府の代表団などさまざまな団体が参加するパレードはなかなか見ごたえがあります。

マレーシア独立記念日 Merdaka Day のパレード

マレーシアデイのイベントは?

9月16日のマレーシアデイは、ナジブ前首相の時代に祝日に制定されました。
ナジブ首相の時代はCitrawarna(Colors of Malaysia)というイベントがクアラルンプールのメルデカ広場で開催されていたのですが、2018年はキャンセルになったようです。
2019年はサラワク州クチンでイベントが行われることが決まっています。

出典:‘Sayangi Malaysiaku: Malaysia Bersih’ theme of National Day, Malaysia Day celebrations(New Straits Times)

公開日:2019年8月9日

カテゴリー一覧に戻る